ヨーグルトダイエット.com

知ってるつもり?牛乳とヨーグルトの違いとは?

sponsored link

ヨーグルトダイエットをオススメする上で、まずは牛乳ヨーグルトの違いについて説明しますね。
子供のころは、単に牛乳が腐ったものがヨーグルトと思ってました(^^;
あながち的外れというわけでもないのですが・・・

 

それはさておいて牛乳にはたんぱく質・ビタミン・カルシウム、脂肪、必須アミノ酸など人間に必要な栄養成分が多く含まれています。

 

牛乳は大豆などと比べるとカルシウムの吸収率が非常に高い食品です。
ヨーグルトは発酵によってカゼインホスホペプチド(読みづらい)になっているので
更にカルシウムの吸収率が高いのです。

 

そしてその牛乳などを発酵させて作ったものがヨーグルトです。
正確に言うと牛乳と同等の無脂乳固形分(8.0%)を含み乳酸菌数1ml 当り1000万以上、
大腸菌群陰性と定められているものをヨーグルトと呼びます。

 

思っていたほど牛乳ヨーグルトの違いって簡単なものではないんですね。

 

そのヨーグルトとは牛乳が持つ栄養成分に、更に乳酸菌のパワーが加わっている
優れものなのです。

 

中には牛乳を飲むとお腹を下す人がいますが、これは牛乳に含まれている乳糖が
原因です。

 

腸内で乳糖が分解できない乳糖不耐症(症消化器系統で乳糖の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のこと。注:出典元ウィキペディア)の人が、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるのです。

 

その点、ヨーグルトの中にある乳酸菌は、お腹の調子を悪くする乳糖の
一部を分解しますので、乳糖不耐症の人でも大丈夫と言われています。

 

ここでも牛乳ヨーグルトの違いが出てくるのですね。

 

牛乳ならお腹を下すのにヨーグルトなら平気と言う理由も
分かってもらえたと思います。

 

ここまで読んでヨーグルトなんて、ただ牛乳に乳酸菌が入ってるだけじゃん!
と思ったあなた乳酸菌の力をバカにしてはいけません。

 

なぜなら、乳酸菌にはあなたの知らない驚くべきパワーが秘められているのですから。

 

ここまで読んで牛乳ヨーグルトの違いは分かってもらえたと思います。

 

そしてヨーグルトダイエットには欠かせない乳酸菌というものがいかにすごいもので
あるかそれもこれから分かってくると思いますのでお楽しみに。

 

とにかく、早く乳酸菌の効果を知りたい人はヨーグルトに多く含まれる乳酸菌&ビフィズス菌とは?を参考にしてもらえればと思います^^

 

sponsored link