ヨーグルトダイエット.com

現代病?善玉菌が減り、悪玉菌が我がもの顔で闊歩(かっぽ)する?

sponsored link

なぜ、最近になってヨーグルトが注目を集めるようになって来たのでしょう?

 

定員オーバーのない腸の中での善玉菌悪玉菌の任儀無き戦い。

 

しかし、現代病なのか最近は善玉菌よりも悪玉菌が増えてきている傾向にあります。

 

その代償として、ガンの中でも、胃ガンなどは減少しつつあるにもかかわらず大腸ガンは急増中なのです。

 

そうです!マズイことに善玉菌が減り悪玉菌が増えていることが原因の一つなのです。

 

理由としてここ最近、食生活の欧米化により、肉食中心の食事が増え、食物繊維を
取り入れる食事が減ってきました。

 

それにより、最近の日本の食事では、もともと廃棄物として体の外に出さないといけない便が便秘と言う形で、いつまでも体内に残っているのです。

 

しかもその便は悪玉菌のせいで、毒性の強いものになると言う困った現象が起きて
います。

 

ヨーグルトダイエットの一環として便秘の改善に効果があるのは、お分かりの筈です。

 

それには、ヨーグルトの乳酸菌で便秘を改善して、悪玉菌をおさえる必要があるのですね。

 

 

本来、胃や腸は危険なウイルスや菌に体がやられないよう酸性になっているものですが
その胃や腸を酸性にする役割を担っているのが善玉菌になるのです。

 

ところが、肉食中心の生活や不摂生な生活などをしていると、悪玉菌が作り出す
有害物質の所為で、腸の内がアルカリ性となっていく訳です。

 

その現代病の対応策として、ヨーグルトに注目が集まってきているのです。

 

なぜならヨーグルトには胃や腸をアルカリ性から酸性へと改善するパワーが
あるからです。

 

肉食中心の生活を見直しつつ、積極的にヨーグルトをとるように心がけましょうね。

sponsored link