ヨーグルトダイエット.com

ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌&ビフィズス菌とは?

sponsored link

ヨーグルトと言ったら乳酸菌ビフィズス菌が豊富に含まれていると分かっている方が多いと思います。

 

良くテレビでも言われますしね。

 

でもヨーグルトに含まれる乳酸菌ビフィズス菌とは体にいい事は何となく知っているけど、乳酸菌やビフィズス菌のはたらきや効果についてはあまり良く分からない方も多いのではないでしょうか?

 

ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌やビフィズス菌ですが、まずはその違いを知る必要が
あります。

 

ヨーグルトなどの材料に用いられるので乳酸菌ビフィズス菌は似たようなものだと
思う方も多いと思いますが、分類学的には違う種類の細菌になります。

 

簡単に説明すると乳酸菌の生息場所はおもに小腸であり定着できないのに対し、
ビフィズス菌の生食場所はおもに大腸で定着性があると言われています。

 

面白い性質として、乳酸菌は酸素があっても生きていけますが、ビフィズス菌
酸素があると生きていけないのです。

 

 

それを踏まえてヨーグルトに多く含まれる乳酸菌やビフィズス菌は体に悪いとされる悪玉菌を減らし、体に良いとされる善玉菌を増やす力を持っています。
乳酸菌ビフィズス菌が生成する乳酸や酢酸は、酸性なので菌の
増えるのを抑止します

 

そして腸の内で私たちの体に効果があるビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・
ビタミンB12・及びニコチン酸・葉酸などの物質を作ってくれます。

 

 

更に乳酸や酢酸は腸の働きを活発にさせ便秘の改善にも効果があります。
そうです、乳酸菌ビフィズス菌ヨーグルトダイエットにも効果があるのです^^

 

ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌ビフィズス菌の研究はまだ続いています。
これからも多くの効果が期待出来る力を持っているのです。

 

それは次のまだまだ未知数!驚くべき乳酸菌のプロバイオテックス効果とは?を読んでいただければ明らかですね^^

sponsored link